HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 瀬戸黒茶碗(引き出し黒) | main | 絵志野茶碗(楢の木) >>
瀬戸黒茶碗(置き黒)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(サイズ) 口径11.5僉 高さ8.3僉 高台径5.5僉 高台高さ0.6cm  重さ300g


みどころ

瀬戸黒茶碗を『茶碗』コーナーに初めて掲載いたしました。
黒い抹茶茶碗は、その高貴な印象から一碗は持ってみたいと言われるお茶碗です。藤田先生のこの瀬戸黒茶碗は15年ほど前に焼かれたもので、百草土が使用されています。よく焼かれていることに加え、置き黒茶碗のため更に衝撃に強く扱いやすいお茶碗となっています。釉薬には土灰を使用しているので油滴(銀色)を素地に見ることができます。どこまでも静かな雰囲気、マットで落ち着いた肌、味わい深い二重高台、側面に見られるヘラ削りの跡なども見どころとなっています。

| 13:21 |